もし紫外線を長時間浴びてしまったら



外線を長時間浴びてしまい、焼けてしまったら、まず冷やすことをおぼえておいて下さい。
肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合、アイスノンや冷タオルなどを肌に当て、ほてりをしずめます。
その日の入浴やお酒は控えることも大事です。
色素沈着を防ぐ効果があるビタミンC を摂取するのもおすすめです。

紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけましょう。
日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので、肌の露出の少ないものです。
紫外線カット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが良いです。
帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。
日傘を低めに差すのも有効です。

紫外線は現在地球規模の環境問題と密接に関わっています。
オゾン層がフロンガスなどの影響で破壊されていることはご存知だと思いますが、オゾンホールはフロンガスが禁止された今でも、年々広がっているといわれています。
オゾンは大気中では微量な存在に過ぎませんが、太陽から放射される紫外線の大部分を吸収し、地上にほとんど紫外線を到達させない役割を担っています。

南極圏でのオゾンホールは、オーストラリアやニュージーランドの南部にまで広がること
があります。
そのため、この地域での紫外線の増大は、帽子をかぶらないと肌が荒れてしまうほど強烈であるといわれ、人類の健康に無視できない影響を及ぼすようになっています。

この記事へのトラックバック