紫外線は肌の老化を促進する



紫外線は肌の老化を促進します。
日焼けを繰り返すことで、メラノサイト(色素細胞)の一部に異常が生じ、紫外線に当たらなくてもメラニンを作り続けるようになってしまいます。
これが「しみ」です。
しみの原因には、紫外線のほかに、生まれつきのもの、女性特有のホルモンバランスなどがありますが、紫外線は、ほかの2つの原因でできるしみを悪化させるということが分かっています。

紫外線はしわ、たるみの原因ともなります。
表皮の下には、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンといった線維があります。
その働きが弱まると、「しわ」や「たるみ」ができるのですが、その大きな原因が加齢と紫外線です。
紫外線に当たり続けると線維がダメージを受け、切れたり、量が減ってきます。
ここに表情じわなどの大きな力が加わると、深いしわになってしまいます。

紫外線は目の病気を引き起こすことがあります。
紫外線は肌だけでなく、目の老化も早めます。
水晶体が濁る「白内障」は紫外線が一因とわかっています。
また、雪目とよばれる「光誘発角膜炎」も、角膜が強い紫外線を浴びることで起こる症状です。
UV カットサングラスを利用するなど、目も紫外線対策が欠かせません。

この記事へのトラックバック