「しわ」「しみ」「白内障」のリスク



紫外線は、一日中室内にいたとしても油断は出来ません。
日焼けをするのは灼熱の太陽の下とは限らないからです。
紫外線は、雲やガラス窓を通過し、室内に降り注いでいます。
また、曇りの日も晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。

紫外線を浴び続けることは若い人だからといっていいことはありません。
若い人の方が、皮膚に回復力があるのは事実です。
しかし、紫外線のダメージは蓄積して、将来の肌に影響を及ぼします。
あとで後悔しないために、紫外線を防ぎながらファッションを楽しみましょう。
小麦色の肌にあこがれることもあると思いますが、何ごともやりすぎはいけません。

紫外線は「しわ」や「たるみ」にも影響を与えます。
いつのまにか現れる「しわ」や「たるみ」。
加齢による皮膚や筋肉、脂肪の変化だけではなく、紫外線の影響が大きくかかわっていることがあります。
肌年齢を若く保つためには、紫外線カットは欠かせない作業です。

紫外線は目にも悪影響を及ぼします。
肌はしっかりと日焼け対策をしていても、目は無防備となります。
目も紫外線を長く浴びると乾燥して「疲れ目」の症状が出るほか、「白内障」のリスクを高めます。
日差しの強い場所では、UV カットサングラスなどを利用しましょう。

この記事へのトラックバック